幸せな人生を歩むための方法とは

名前がどのように素晴らしいものであったとしても、周囲とのバランスがとれていなかったとしたら、幸運がめぐってくることはありません。家族や友人、また職場の人間関係を円滑にする方法を占い師による姓名判断でみつけましょう。また、自分の人生はうまくいかない、努力しても報われないと嘆いているのなら、改名も一つの有効な手段です。

 

いい占い師を選ぶ方法●実際に相性を占ってみる
例えば、「おさむ」さんと「さやか」さんという名前のご夫婦がいるとします。まず「おさむ」さんの最初の音である「お」が、五行のどれに属するかを調べると、ア行ですから土性となることが分かります。次に「さやか」さんの最初の音である「さ」は、サ行ですから金性です。土性と金性は、相生の関係にあって、相手を生かすことのできる調和のとれた関係ですから、ご夫婦の相性は最高と言えます。この相生の関係を大切にするべきです。「おさむ」さんと「さやか」さんの場合は、夫である「おさむ」さんが妻の「さやか」さんをリードしていくことで、「さやか」さんも幸福となり、それが夫婦円満の秘訣となるのです。また、もしご夫婦に子どもが生まれたら、両親のどちらかと相性の良い音を選んで、占い師に相談してから名前をつけるようにすると良いでしょう。これは、3人の中で真ん中に当たる星の人が、後の2人の仲を取り持つ関係となり、家族の絆が強まるからです。家族の人数がたくさんいる場合や、会社などで大勢の人間関係があるところでは、なるべく木・火・土・金・水の五行すべてに、まんべんなく誰かが属しているのが、バランスがとれて好ましい関係と言えます。

 

いい占い師を選ぶ方法●新しい人生を歩みたい人へ
自分のこれまでの人生はどうもうまくいっていない、努力をしても報われない、と思っている人は、改名というのも一つの有効な手段です。それでは、実際に、どのようなタイミングで改名をすればいいのかと言うと、人生の転機の際に改名をするのが、最も自然で良いタイミングだと言えるでしょう。誕生日を機に占い師に相談して、心機一転をはかるのも良いでしょう。毎年めぐってくるものですし、周囲の人にも発表しやすいからです。また成人したときに、大人になった証しとして改名するというのも一つの方法です。子どもからの脱皮も表します。就職・転職・昇進などの新しい人生の出発のときも、改名にはふさわしいでしょう。新しい名刺をつくって、名前を覚えてもらうチャンスでもあります。そして特に女性の場合には、結婚を機に改名をするのが最も自然であるともいえます。せっかく改名しても、周りの認知度が低ければ意味がありません。仕事関係なら新しい名刺を配るのも良いですし、友人や知人にはハガキなどで知らせましょう。年賀状や暑中見舞いと兼ねるのもいいでしょう。

 

いい占い師を選ぶ方法●自然に行なう改名法
改名するからといっても、あまり大袈裟に考えなくてもいいのです。通称名を少し変えてみるなど、改名は、周囲の人たちにとっても抵抗のない、なるべく自然な変え方をするほうが得策だと言えます。まず、占い師に画数や音声などを調べてもらい、自分の名前のどこが問題なのかを知っておくようにしましょう。せっかく名前を変えるのだったら、単にイメージや流行などという、残薄で表面的な事柄にはとらわれないようにしましょう。五行や五十音には問題がない、今の呼び名が気に入っている、という人は、呼び名はそのままにしておいて、漢字を変えて、画数を吉数にすると良いでしょう。例えば、名前の一文字だけを同じ音の別の漢字に変えることで、画数が変わり、吉数にすることができます。漢字を少し変えるだけなら、唐突で不自然な感じは全くしませんので、同じ音で大吉、または吉数になる漢字を探してみましょう。逆に画数は気に入っているので、そのままにしたい、でも呼び名が気に入らないという人は、漢字はそのままで、読み方を変えてみてはいかがでしょうか。呼び名が変わることで、新しい印象が生まれます。

Copyright(c) 2016 いい占い師を選ぶ方法 All Rights Reserved.